おすすめ映画レビュー

【2020年映画】エリデミー賞【345本】

2020年鑑賞作品約345本のうち、独断と偏見で選んだ特に素晴らしい作品に贈らせていただく(作ってくれてありがとう)賞です。

私に響くテーマや影響を与えるもの、良いなと感じるものは「愛情」「孤独」「真実」「飾らない美しさ」
そして、人間の交流がもたらす「可能性」や「希望」が好みと判断基準です。

作品の完成度、観終わったら得るものが必ずある、と言い切れる素晴らしい芸術です。

素人が映画500本見て行き着いた【映画の見方】映画関係の仕事、声優・俳優を目指すなら「映画は見るべき。」これは必ずと言っていいほど聞きます。 ・「映...
 

新作:存在のない子どもたち/ナディーン・ラバキー

レバノンで生きる子の出生証明書がない=存在のない子供が実親を訴えるまでの過程を描いたドラマ。

主人公の少年の瞳がとても良い。現実で同じような境遇の生活を送っているとか。貧困・移民、困窮した生活で死なないために生きる活動が日常。必死な逞しさが切ない、愛情を求め続ける少年に目が離せません。

 

映画館:朝が来る/河瀬直美

養夫婦になるまでの背景、実母の人生を美しい描写で問題や心に切り込んでいく力強い作品。

養子縁組が中心かと思いきや、生活に付随する種々大小の社会問題を盛り込む。人物の背景と過程を丁寧に風景描写が「美しく」、俳優が撮影前の数週間、役と同じ日常生活を送る役積みの賜物「リアル」さが織りなす『人生』大人の教育映画。とてもすごい作品を観てしまった…と骨抜きにされた濃厚な作品です。

 

アニメー賞:天気の子/新海誠

少年少女がこの社会の中でどう生きていくのか、才色兼備アニメーション。

前作「君の名は」青春恋愛だけではなく、リアルな現代社会を元に、置かれた状況下で、社会とどう向き合って何を選択するのか、意志と可能性が描かれています。リアルなので入り込んでしまうし、画がとっても秀逸。五感が飽きないのめり込むアニメーションです。

 

俳優賞:シェイクスピアの庭/ケネス・ブラナー

家族のいる田舎に戻ってきたシェイクスピアが、庭いじりをしながら自分と家族と向き合う物語。

俳優の演技力、相手とのお芝居のレベルが異次元!!ストーリーは単純でセリフもシェイクスピアらしくこねくり回した言葉の使い方です。『セリフ自体に意味はなく、セリフを使って何を言ってるのか』。例えばお母さんに「お腹空いた」と言う時『何か食べるもんない?』『なんか作って』と目的で使ってませんか?俳優声優志望、興味のある人は要チェック作品。

 

文学賞:銀河英雄伝説/田中昇

貴族と皇帝が支配する帝国と民主共和性国家の二国の終わらない戦いと人間の営みを描いた歴史ドラマ。

人類の歴史がそのままアニメに盛り込まれていて、日本語も綺麗で歴史書を見てるように学べるアニメ。特に男性の共感や浪漫が詰まっています。2018年からリメイクのようなDie Nene Theseが制作されていますが、観るなら田中版のコチラ一択です。Wikipedia

 

4/345
【2020年】真実は価値観を変えるドキュメンタリー【映画】真実は価値観を変えます。時としてニュースや新聞では知ることのできない鮮明さや生々しさを追体験できる。これがドキュメンタリー映画。 ...
4/345family
【2020年】家族で見たいハートフル作品【映画】映画を観よう!でもたくさんありすぎて選べない…そんなあなたに。家族や恋人と、大人と子どもが見ても一緒に楽しめる映画をご紹介します。 ...
345movies
【2020年】わたしが鑑賞した映画たち【一覧】全く何もわからない、娯楽として観ていた映画を毎日鑑賞するようになって2年目。 映画が人生の一部になっているエリ(@errnzabe...
ABOUT ME
eri
月20本前後の映画(DVD)を観ています。 つかこうへい・山田洋次監督・岩井俊二監督作品が好き。