おすすめ映画レビュー

2021年上半期、鑑賞映画ベスト3/195作品

有名作品を見飽きた人、サブスクを使い切れていない人、映画をより楽しみたい人必見!

2021年上半期は195本の映画を鑑賞、ほぼ毎日映画を観ているえり(@errnzabesu2)です。自分の人生に影響を残す、豊かになるような内容、主に社会派作品が好きな私が独断と偏見で選びました。

 

社会派って名前だけで難しそう。大丈夫かな?
えり
えり
見た事ない人はそう言います(過去の私のようだ)。そんな私でも没頭した今から紹介する作品見てみなさい!!!!!!

新作48本、旧作147本からそれぞれベスト3作品を紹介します。

 

6/345
【2020年映画】エリデミー賞【345本】 2020年鑑賞作品約345本のうち、独断と偏見で選んだ特に素晴らしい作品に贈らせていただく(作ってくれてありがとう)賞です。 ...

 

 

 

【新作】ようこそ映画音響の世界へ/ミッジ・コスティン

2019年/アメリカ

効果音や環境音などの仕組みや仕掛けを過去有名作品を例に挙げて解説。コレを観ると映画がより楽しめるようになる視点ならぬ聴点をゲットします。

映画好きであれば、チェックしておきたい制作の裏側です。

 

 

【新作】朝が来る/河瀬直美

2020年/日本

辻村深月のヒューマンミステリー小説が原作。特別養子縁組で子どもを迎えた一組の夫婦の悩みや葛藤、産みの親の社会的背景など丁寧に描く。

河瀬直美監督は情景描写と、俳優に役としての生活を数週間体験させる「役積み」が特徴。俳優自身もいつ録ってるのか気づかなかったとか。監督自身も特別養子縁組で育ったということで作り込みが緻密で、養子縁組について知識がなくても入り込める。
社会問題をコレもアレも入れてくるのか!と、大人向けな教育映画のようでした。ちなみに、最初の数分で泣きました。

 

 

【新作】プラットフォーム/ガルダー・ガステル=ウルティア

2019年/スペイン R15グロ注意

CUBEと似たような密室系。中央にある穴で上下に繋がっており、降りてくる上の残飯が自分の食事。
必要な量だけ食べれば下の階にも分配されるよね、という協調助け合いなんてならず。追い詰められた人間達の欲深さ汚さを見せつけられる中で、希望を手に入れようともがく主人公の話。

A24というアメリカの映画制作・配給会社は、社会問題を独特の鮮やかな色使いと雰囲気で表現するのですが、問題提起を匂わせる若者向けのライトな感じが多く『ムーンライト』『ミッドサマー』が有名。
一方この作品は、のほほんと生きてる人に刺激的に問題を突きつける。馴染みない宗教観が語られていたり、私にも理解が及ばない部分もありましたが、価値観を揺さぶられました。自分は今どの階層にいて何をしますか?

 

 

 

【旧作】クラウド・アトラス/ラナ・アンディ・ウォシャウスキー、トム・ティクバ

2012年/アメリカ

同じキャストで違う時代の人の営みを描き、壮大な規模で輪廻転生や人類とは何ぞやを描く物語。

SF、ファンタジー、アクション好きな人は必見。ハリウッドの本気。とにかく圧倒されっぱなしで約3時間なのに飽きない。
観賞後は自分がちっぽけな存在に思えるし、ラインの返信に困ってて…なんて即返信。何でこんなことに悩んでいたんだろうと思えます。

 

 

 

【旧作】世界の果ての通学路/パスカル・プリッソン

2012年/フランス

ケニア、ブルガリア、モロッコ、インドの学生達の通学姿を追ったドキュメンタリー。10キロ以上も徒歩で野生動物の危険を回避し、山越え、命がけ通う理由とは。

私自身、学校に行くのは当たり前で勉強なんてしたくないと思ってました。大人になって気づいた勉強や知識を得る面白さ。その学校でも教えられなかった勉強する本質「何のために勉強するのか」を学べる作品。

 

 

【旧作】ブッダ2/小村敏明

2014年/日本

原作はあの手塚治虫。主人公が仏教の悟りを拓くまで苦行の話。救われないなと感じてる人に響くかも。自然の摂理や人間のエゴなど教科書を読んでいるような気分になります。全3部作の2作目だけど、現在も制作されていない様子。

 

宗教知識がなくてもより楽しめるのは、クラウド・アトラスのような何世代のも人間の営みを火の鳥(不死鳥)目線で手塚治虫が書いた漫画もおすすめ。

「火の鳥」Kindle Unlimitedで無料です。

 

 

 

【番外編】アニメ・ドラマ

ワンダーエッグプライオリティー

2021年

作品で大事な脚本がドラマ「ひとつ屋根の下」「高校教師」などで有名な野島伸司。
『普通の女子中学生主人公が力を手に入れ悪を倒す』という王道な設定だが他のアニメと違うのは、社会問題を盛り込んだところ。

正義の主人公らも不登校やLGBTなど抱えており、救う対象は自殺した女子学生。悪は自殺に追いやった原因の大人達。
ネット世界やザコ敵の名称『見て見ぬ振り』など色んな所まで細かい設定。「この資本主義社会が〜、搾取するなんて〜」とか、なかなか聞けないセリフ。悪の大人のデザインがエキセントリックだけど直接表現されていて面白い。
目の前の一人を救ってもこの社会は変わらないよねという現実がしっかり描かれているところが好き。暇潰しにならないアニメ。

 

 

Huluオリジナルドラマ息をひそめて/中川龍太郎

2021年

映画監督の中川龍太郎さんが脚本演出です。コロナ禍でより浮き彫りになった人間関係のほつれを、存在として可視化させたオムニバス作品。

素朴なんだけど存在感のある風景描写が特徴で、心地よい自然音も印象的で好きな映画監督。過去作も鑑賞してますが、より人の温度感や感情や空間のうねりを感じるようになった。
性別年齢の違う登場人物のどれかに感情移入できる、観る人を選ばない心に醸す作品。

 

素人が映画500本見て行き着いた【映画の見方】映画関係の仕事、声優・俳優を目指すなら「映画は見るべき。」これは必ずと言っていいほど聞きます。 ・「映...
2020年上半期おすすめ映画9/150はコレだ! 2020年自粛期間もありお家で映画を見ている人はたくさんいると思います。「今日は何みようかな」そんな方に朗報です! ...

 

 

  

 

ABOUT ME
eri
月20本前後の映画(DVD)を観ています。 つかこうへい・山田洋次監督・岩井俊二監督作品が好き。