ついに、嫌いだった両親に感謝できるようになった!

2019年6月30日

今回だけは言わせてください。「両親に感謝できない人はおかしい」という、多多多多数派の意見によって『苦しんでる人がいる』ということは紛れもない事実です。

いきなり暴露しますが、私はつい最近、両親に感謝できるようになりました。
というか、

自然と感謝できてる自分がいた…!

それまでは大嫌いで感謝できないと思ってました。
じゃあ、いったい何が起こって感謝できるようになったのか!

感謝できないことに苦しんでる人は苦しみから解放され、自己肯定感が上がり自分を好きになれます。

「両親を尊敬したい、感謝したい」と思ってるからです。

今の両親じゃなくて、自分が思い描く人物像の存在。
尊敬したいし感謝したいと思ってます。それでいいんです。

そして、自分を認めて、人も愛せるようになります*

感謝できない自分は『おかしくない』

normal

大事なのは「感謝できない自分」を『自分が受け入れて認めてあげる』こと。

「感謝できないことがおかしい」

という概念に一番苦しんでるのは、当の本人です。

気持ちは湧いてくるもの。
アクションがあって生まれるもので、無理やり作るものではありません。それこそウソ。

湧いてこない自分の気持ちに対して、『自分がおかしいんだ』と間違った捉え方をしてしまい余計苦しむんです。

「他人と違う自分に何か欠陥があるのではないか」
劣等感にさいなまれ、自己肯定感がだだ下がってました。

・自信がない
「自分なんか…」「他人に思われたらどうしよう」

・完璧主義になる
自分の中のラインを越えないと人並みじゃないと思いこむ

・承認欲求が高まる
自分の価値や存在意義を、他人の価値観や判断で見つけようとする

・心を開くことが恐くなる
他人の前で良い子ちゃんになる→「人間味がないよね」と言われる

・自分自身を許せないので他人も許せない
すごく狭くて小さい世界。机の下に隠れてる気分。

・愛とか恋とか、目に見えないものが恐い
「本当は愛されたい」傷つくのが怖くて逃げてるだけ

・根拠があるもの、正しいものを求めがちになる
数字は揺るぎない確証なんです

自分の気持ちに嘘をつく、言いたいことを我慢する
嫌われたり、否定されることが一番嫌だから

自然と感謝できるようになってたのを自覚したのは、つい最近…

約1週間前です。

「えー!!!つい最近じゃん!」

まず、原因は間違いなく演劇の「感情表現」「自己表現」のおかげです。

・自分の気持ちにウソをつかない
・自分をさらけ出す
・相手を信じる
・相手のため

詳しくはこちらの記事にまとめています:こんな私でも人を愛せるようになりました

それでもまだ、感謝したいとは思えませんでした。

『生涯、お芝居を続けるたい』『自分をコンテンツにブログで収益化する』
と一念発起した、ここ3ヶ月のうちで変わったことは確実です!

・正しい知識を入れ自分の世界を広げる
・あるがままの自分の気持ちを受け入れる
・やりたくないことを減らし、やりたいことをやる

自分の今までの人生が失敗だとか、よくないことだと思い込んでいたコンプレックスを乗り越えられたからです。

「感謝したい」今はまだ、できないだけ

lonly

「感謝できません」「することはないと思います」かつての私はそう答えてました。

それ、すごくもったいなかったヨ!

まだまだ自分のこと苦しめてました。だってホンネは、


感謝したい!

24歳で初めての経験

table

大阪で舞台に出たときのこと。
同じく出演する役者の先輩の実家に、数人とお泊まりしました。

クリスマスイブ。ご両親と食卓を囲み、ご馳走やケーキを食べながら井上芳雄の歌ライブを見てたときのことです。

特に面白い会話でもなく、みんなでフツーに食べでフツーに公演の話なんかしてました。
何もありませんでした。
その『なにもないこと』心や空気がただ穏やかな空間が、私にとって初めての経験だったんです!

(これが幸せっていうんだ…)

このとき、初めて安らぎという言葉の意味を実感したんです!

私の夢の一つは、子どもが大きくなった時に「お父さんとお母さんみたいな、家庭を築きたい」と思ってもらえるようなあたたかい家庭を作ることです。

自己否定ばかり、嫌なところばかり見せつけられてきた

親に感謝できないってどんな家だよw って思うかもしれませんが、

いつも何か我慢して、気を張って遣って、気持ちを見えないように隠すことが普通でした。

「この人たちに弱みを見せたくない」
「付け込まれて自分が傷つきたくない」そう思うような両親です。

「まだあなたたちが小さかったから、離婚するの辞めたんだよ」
「誰のお金で飯食ってると思ってんだ」
「自分で稼げないのに口答えするな」

と言っておきながら、

「子供たちを愛してるんだよ」

と言われるので、中学生の私は「わけわからん!」もっと嫌いになりました。

浮気した証拠をつかむため探偵雇って修羅場になる
離婚しないと首しめて通帳の取合いをする
好きだからと上部だけ仲直りする
いきなり鬱になって自殺すると言い出す
殴り合いの喧嘩になるetc

でも、もう大丈夫です!!

一人暮らしをして、笑顔で毎日を送ってます!

「産んでくれたことに感謝」してます!

今はまだ感謝できないだけ、いずれできる時がくる

family

今、できなくていいじゃないですか。今、決めつける必要もないです。
歳をとって死ぬ前までに感謝できればいいんじゃない?

感謝してますが、まだ尊敬はできてないので、まぁ死ぬまでに思えたらいいなと思ってます。

・感謝できないことは悪いことではない
「感謝できない自分」それでいいんだよと受け入れること

・自分の気持ちを大切にすること
ウソつかず 隠さず 作らない

・他人を自分を信じる
飾らない自分でも受け入れてもらえる

これを見て暗くなる必要ないですからね。

だってわたしは今、生きるの楽しいんですもん!

一番やりたいお芝居はまだできてないけど、
やりたいブログ書いてツイッターして運動して野菜食べてる。
やりたいことで私の世界が埋まっていってる。
好きに囲まれて、物の本質を見る目を学びながら、毎日に、人に感謝できるようになった!

すごい!

乗り越えた!

ネットの繋がりが助けてくれました。

ありがとうございます。

自分のことを愛して、人にあたたかく、
少しでも豊かな人生が過ごせますように*