丸暗記は無理ゲーです。セリフの覚え方3つのポイント

2019年7月6日

暗記するの苦手、辛い作業だな…覚えようとすること自体を諦めてませんか?

自分の可能性を諦めないでください〜!

大丈夫です。誰でも覚えることはできます!

歴史のテストは赤点ギリギリだった私ですが、

90分喋りっぱなし

相手のセリフまで一字一句覚えれた暗記の仕方

をご紹介します。

・しりとりゲーム
・何かと一緒に覚える
・スキマ時間でながら反復

座って覚えるだけは卒業。楽しくながら行動しましょう!

丸暗記は無理ゲーです

learn

私は学生のとき、歴史より数学の方が好きでした。
暗記するのに比べて、数式を覚えて計算しちゃった方がラクだったからです。

セリフも同じ感覚で覚えます!
台本に書かれた一字一句まで間違ってはいけませんが、丸暗記しません。

【知る】話を理解する

【繋げる】キーワードごと繋げる

【反復】語尾の一字一句覚える

Right Caption
誰でもできることなん?
Left Caption
はい!勉強がニガテな私でもできました!

歴史の丸暗記が苦手と言いました。
でも、鎌倉幕府ができた年は知ってます!

なぜなら、

『いいくに(1192)作ろう、鎌倉幕府』

これって丸暗記じゃないですよね。
『事実を知る→繋げる→覚える』
こんな感じで、膨大なセリフ量も覚えられます。

要所にポイントがあるので、ぜひ自分の行動と比べてチェックしてみてください*

知ってイメージする

①ただ読む
②イメージしながら時間をかけて読む
・話の流れ理解
・頭の中のイメージをより細かく具現化
・どんな感情でそのセリフを言ってるのか

ほぼ読書と同じです!

読んでると頭の中にイメージが浮かんできて、というか小説読んでいても浮かびますよね。

ですが、台本には小説のように詳しい説明がありません!
すでに配役が決まっていたら、この役は〇〇さんというイメージで頭の中で展開されていきます。

えり 「しりと
あなた 「す」
鈴木 が窓から登場
あなた&えり「「…ずき!」」

窓から『どんな風』に出てくるか。
こっそり
堂々と
慣れた手つきでetc

あなたと私の「…」で何を考えてるのかも違います。
えり=『す、スイカ?する、あれは!?』
あなた=『漫画読みながら物音に気が付いて驚き』

自分が演じることになるので、細かく具体的に思い浮かべます。そのイメージがとっても楽しいです。

自分の好きな俳優さんに置き換えて読んで見るのも楽しそう!

しりとりゲームと同じ繋げ方です

image

日常の会話を思い出してください。

「お腹空いた〜!何食べたい?」
今日は…トンカツかなぁ」
「いいね!ちなみに、昨日は何食べたの?」
カツ丼だったわw」
「覚えてないの?揚げ物ばっかだねw私は〜」

連想ゲームやしりとりと同じように、当たり前の会話もつながってます。
太字の部分から覚えれば、必然的に覚えられます。

食べる・種類

トンカツ・今日

昨日・食べ物

カツ丼

揚げ物

Right Caption
覚え方はわかったけど、これで頭の中に入るの?

感情や動きで一緒に覚えるんです!

学習するときに、ジェスチャーなどボディランゲージを入れた方が覚えやすいという実験結果があります。

頭の中でイメージしたものを、自分自身で再現するんです。
つまり、感情と動きをつけます。

『(源頼朝)良い国作ろう!鎌倉幕府』
源頼朝が意気揚々と拳を突き上げてるイメージで、前向きな感情と同じ動作をして覚える

電車で見かける、ブツブツ唱えて動いてる人の数%は、もしかしたら役者かもしれません。

余談ですが、ぶっちゃけ自分が登場してないシーンであれば、一時一句まで最初から覚える必要ないです。
(動く稽古で自然と覚えていくので、優先順位は低い)

ちなみに、最新の歴史では1192年→1185年らしいです。
”いい箱”らしい!

スキマ時間で呪文のように暗唱する

何かしながらでもスラスラ言えるようになるまで、ひたすら唱えます。

「あれ…なんだっけ?」

実はこれが大事!!
人は思い出す時に記憶づけられます。

感情や動きをつけて覚えましたが、
料理をしながら
お風呂入りながら
歩きながら
何もしない状態

無感情でもスラスラと口から出てくるまで覚えます。
この努力だけは、必須です。

自分で物語を作ろう

vision
・キーワードを繋げる
・感情や動きと一緒に覚える
・ひたすら反復する

映画の感想を伝えられるのは、物語の順を追ってポイントを話してるからです。

関係のない単語を覚えるときは?

りんご/beautiful/5時

美しいリンゴを夕方5時に食べる」

なんでも応用できます!

ダンス。

右に重心
↓ 左足がフリーになる
左足キック
ひとつひとつの振りも、身体の動きや重心で繋がってます!

あんなに難しく思ってたことが、楽しく簡単に思えませんか?

自転車に乗るのも、字を書くのも、練習したからです。
誰だって反復すればできるようになります。

だったら覚え方を工夫して楽しく、覚えましょう!
ぜひ日常で活かしてみてください*