否定はぶっちゃけ無駄です。受ければ何倍ものメリットがあります。

2019年7月7日

なんで人を否定するんでしょうか?ぶっちゃけ無駄です。
私はいつの間にか、他人を否定するという概念がなくなってました。

★ストレスが減ります
★アイデアが生まれます
★自分の可能性や視野が広がります

余計なフィルターは取っ払っちゃえば良いんです。ポイッ

演出家からの『ダメ出し』は否定じゃない

paper

舞台公演が決まると、本番までひたすら稽古します。
セリフを覚えて、演出家からの指示指摘がありながらワンシーンごとにお芝居をつくっていきます。

・動き
・立ち位置
・アクション など

ある程度、シーンが固まってくると俳優のお芝居について『ダメ出し』が入ります。

Right Caption
『ダメ』ってどういうこと?

『台本や演出家の意図にそぐわないこと』

つまり、より良い作品を作るため、良くするための意見。

この方向には「合ってない」
このパズルにハマらないから「違う」

ダメ=否定ではないです。

否定する意味ってそもそも無いよね

算数でも、歴史でも、化学でも何でもそうだと思うんですけど、否定ってないですよね。

数式や化学式に対しての計算で正解かそうでないか
〇〇がお城を建てたのは何年だったかという事実
お金がないから通れない改札
浴衣を崩して着るファッション

1+1は2じゃないか。人が2人集まれば無限の可能性?何言ってるんだ!

『1192つくろう鎌倉幕府』 4192なのに何でいいって読んでるのw

最低運賃の金額さえチャージしてれば、降りる駅までの額が足りなくても改札通れますよね?

いやいや、浴衣は綺麗に着るもんでしょ。

…それがあなたの考え、それでいいと思います!

他人に強要するのは「違うな」です。

今のわたしがいられるのも、人のおかげです。

完璧主義だった昔のわたしは、人を批判し否定して自己肯定感をあげようと必死でした。

今なら言えますが、そのわけのわからない自分の基準で人を決めつける、判断することが間違いでした。

私は目指していたお芝居での『ダメ出し』がキッカケで変われました。

完璧主義は一人で自分の思った通りに勝手なことをしてたんです。やりたいことも苦しかった。
それが『相手を受け入れる』ことができるようになり、一気に楽しくなりました。

その先にあったのは『与える』ことができるようになり、相手の心を『動かす』ことができるようになりました。

一つの作品やシーンについて、話し合いアイデア出し合い創作します。

「お客さんはどう思うのか」
「何を一番伝えたいのか」
「笑わせるにはこのギャグはどうか」

違うからできることです。

否定しなくなった自分のお芝居が「好き」「変わって良くなった」「感動した」と言ってもらった瞬間は忘れられません。
ダメ出しや指摘をもらえたからこそ、嬉しく感謝しかありません。

人がいる限り人生に飽きることはないです

hands

ツイッターを使って発信を始めて、つながった人。
普段なら出会わなかった方と、実際にお会いして話してます。

さっきはお芝居という同じものを目指してる仲間内でのやりとりでしたが、

・人間
・日本人
・発信してる
・ツイッターをやってる
・好きなことをやってる くらいの共通点。

刺激と、自分にはない考え、会話から生まれるモノ。
発信してらっしゃる分、自分の信念や目的をきちんと持ってらっしゃいます。

みなさん視野が広いです。
他人を一切否定しないです。
周りの人が幸せに、give精神です。

失敗の経験を話してくださり、努力がすごい。本当に素晴らしい方たちです。

違うからいいんです!

家族でも、好きな人でも、同じような価値観でも違う部分ありますよね。

そもそも同じなんてありえないです。

自分ができる表現でお返しをしてます!

give
否定すること=自分の可能性も否定すること
否定じゃなくてただの違いがあるだけ。
世の中は違いだらけ。

演劇で、他人を受け入れられるようになりました。
それどころか、人を信じ愛せるようになりました。

自分ができること、やりたいことでお返ししたい。
そんな想いから人に会う活動をしています。

・自分が自分らしくいられる人でありたい。
・感情を我慢しないこと、嘘つかないこと。

私も人間なので、やる気のない人や他にもこんな方法があるんじゃない?と提案するのを否定したり逃げる人に対して付き合う優しさはありません。

今、言ったところで受け入れないから無駄です。

いつか受け入れようとする日があるかもしれない。

その日、たまたま思い出した。
たまたまタイムラインで見かけた。

私は毎日ブログを投稿して、ツイートで自分の女優活動や想いを発信していきます。

ゆくゆくは、舞台と並行して、自分の表現でお返しする、証拠を見にきてください!

合わせて読みたい

過去記事:私が発信してること「人生リスタート計画」