あなたの魅力を引き出す!?演劇のノウハウで、あっと驚くプロデュース

プレゼン、研修、説明会、面接、イベントなど…

自分が喋るときに「わかりやすく、面白くしたい、他と差別化したいな」
受ける立場のとき、真面目な内容だけど「もっと面白ければいいのにな」

と思ったことありませんか?

その悩み、私の演劇ノウハウを使えば解決できます!

専門学校声優科卒。1年半ボイストレーニング経験あり。
劇団で研究生として2年お芝居を学び、日本舞踊などの舞台経験もあります。

プロの俳優になるために学んだことは、コミュニケーションでした!

人の心を動かす自分
飽きさせないコツ
自分の想いを伝える

発表する → 内容を届ける

誰しもが持ってるコミュニケーション能力をちょっと意識するだけです。

最後には読んでみてくださいね。

言うだけは卒業です

talk

作るときは一生懸命なのに、話すときは説明するだけ…なんてことありませんか?

パワーポイントや資料を作るのに、時間をかけて頑張って作りますよね。
内容を濃くしたり、自分の経験や意見を混ぜたり、わかりやすくしたり…

発表するときはどうでしょう?

内容を読み上げるだけ
補足の説明をするだけ
図の理解度を高めるだけ

読み上げるだけなら資料だけで十分ですよね。
それ以上に伝えたいことがあるから、話して、伝えようとするんじゃないですか?

ただ言うだけ、聞くだけ、と言う形式的な固定観念を変えましょう。

エレベーターの中に居るような沈黙の空間
質疑応答で手が上がらない生真面目な空気

文字では表せないことを伝えられるチャンスなのに、ただ説明していくだけじゃもったいない。

聞きたい意欲のある人 → 生まれるものがある ← 話したい自分

聞き手の視線ひとつにもパワーがあります。
興味をそそる、好奇心を引き出して生産性のある、クリエイティブな空間に変われるコツを公開します。

Right Caption
具体的に何を意識すればいいの?

内容を届けられる声

聞き手にとって『勝手に入ってくる』ノンストレスの声です。

人は、自分が生きる上で必要な情報よりも好奇心そそられる方を、つい見てしまいがちです。
テレビで言えば、ニュースよりもバラエティ番組など。
同じニュース番組でも、タレントや芸能人が出てるエンタメ系など。

ーなぜでしょう?

携帯電話、マンションなど契約するときの話。
学生時代の校長先生の話。
研修やセミナーなども同じ特徴があります。

話し手の、話すテンポ・間・声の高さ・大きさが一定だからです!

注意を向けて、何を言ってるのか聞こうとします。

その注意を向けることって負荷がかかる作業ではないですか?

聞き手にとっては知らない情報、知識、わからないことだらけです。

パッと本を開いて、このページのどこが重要かなんて、まず全て読んでみないとわかりませんよね。
…読むと言う負荷。聞いてから判断するストレスがかかっています。

そのストレスを減らすことができるのが『声』です。

「○○●○」 「○○▲○」 ーどちらがわかりやすいですか?

世界にひとつしかないあなただけの『声』

声は伝えるだけではありません。表現できるものです。
世界中に同じ人はいないように、声もあなただけの生まれ持った個性です。

自分の顔を引き立たせるようメイクする
健康・良いプロポーションになるよう鍛える

声も同じくらい大事だと思いませんか?

日本語は子音が多い言語(口先で喋るイメージ)少ない息の量でも喋れてしまいます。
そして、日本人は、自分の声帯を省エネして喋ってる人が多いです。

日本語と英語で声が変わるのは、その理由の一つです。
口の中の動きも違いますが、英語は息の流れに声をのせます。

英語圏の外国人が喋る日本語は、声が大きいイメージがありますよね。
ちなみに、私は英語も日本語も変わらない声です。

簡単にざっくり言うと、流れる息に声帯を振動させて声になります。

1 深い呼吸(腹式呼吸)
2 息と声帯をつなげる
3 声を飛ばす意識

 (肺で呼吸してるんですが)横隔膜を下げてお腹の筋肉を収縮させ、多くの息を取り込む呼吸法です。

 深い息を使って、一定の量で効率よく声帯を振動させること。
風車を回す時のように一定の息のスピード、どこらへんに息を当てるかの感覚に似てます。

 届けたい相手に届くように意識します。
1人なのか複数なのか、近いのか遠いのか。ボソボソやゆるゆる喋りから卒業です。

ad. 滑舌
滑舌は練習すれば良くなります。舌根(ぜっこん)と呼ばれる舌の根本の両側にある筋肉を鍛えます。

話し方、伝え方、それに必要で大事な『声』は生まれ持った素晴らしい個性です。

勝手に入ってくる『声』

聞きやすい・わかりやすい・伝わりやすい

ここまでブログを読んで、見出しや大きい文字・色付けなど工夫が凝らしてあります。

重要なこと、伝えたいことがわかりましたよね?
話すときも同じです!

・聞き手より一歩先を歩くこと
・聞き手の感情を誘導すること
・飽きさせないよう緩急つける
・間、テンポ、スピード変える
・相手のために必死につたえる

以下、例を出して説明します!

まず、聞き手と同じスピードで喋ると、ノッキングを起こして内容が入って行かなくなります。

Right Caption
ノッキング?
Left Caption
そう! 例えば、ガイドさんが先に歩くから、色んなものを楽しめる『余裕』ができますよね。
友達と歩いてて、「次こっちどっち?」となった時って、方向に気を取られて何も考えられなくなりませんか?
 
Right Caption
なるほど!


「そうなんだ!(感心や驚き)」引き出した感情を使って内容理解を深めます。
これを話すときにも同じようにするんです。

改行 →休憩
太文字 →強弱
色づかい →声色やニュアンス
スペース →間
かぎカッコ →セリフ
文字の大きさ →大きさ
吹き出し形式 →演出
キャラクター →スタンス

※私の見解であって、だいたいです。

一見、難しそうに見えますが、無意識で誰しもやってることです。
それを、聞き手のために意識してやる、それだけです。

一番大切なのは、伝えたい自分の想い

nothing

・腹式の発声をすると、自信があるように聞こえる
・普通のことでも、すごいことのように聞こえる
・いい声は心地良いので、信頼感や清潔感を生む
・話し方や自分が楽しく、相手に伝えようとすると、
 面白い印象をや自分自身に興味を持ってもらえます。

自分の感情を大切にする(伝えたい)

相手に届けたい想いがテクニックを通じて届く

話しかけやすいと相手から心開いてくれるようになりやすいです!

Right Caption
緊張して恥ずかしいしできないよ…

緊張は誰でもします!だから練習します。
緊張してても発声がしっかりしてると「堂々としてるね」と印象を持ってもらえます。

→過去記事:「いい緊張と悪い緊張」

内容が濃く勉強になる充実していても、楽しかった面白かった印象は、エンタメ系。
つまり、工夫されている喋りの仕方。

ちょっと意識するだけでも周りと差別化できます。ぜひ使ってみてください!

Right Caption
理解はできたけど、実際どうやるの?

これからYouTubeで解説動画を随時アップしていきます!(これから…)

それじゃ物足りない方!!

これからイベントを控えている方必見!

Right Caption
自分がどういう状態で何ができてるのか、わからないよ

私が演劇やボイスのノウハウを教えます!

企業研修
無料セミナー
有料セミナー
ビジネス勉強会
アニメイベント
トークイベント(インフルエンサーなど一般人のもの)

小劇場演劇の出演、裏方・制作スタッフ
アニメや夏のお台場イベントスタッフ

一般的な喋るだけのイベントと差別化したい。
もっと面白くしたい、新しいことをしたい方。

演劇のノウハウを使って、あなたの発声や喋り方を引き出し〜イベントの司会や演出で他にはない、特別なものにしませんか?

経験はありますが、実績はありません。
モニターという形で募集します。

金額などまだ決まっていない今、ご相談が多いに可能です。

ツイッター→ https://twitter.com/errnzabesu2/
ブログのフォームからご連絡ください。

Posted by eri