役作りは人生を豊かにする

「相手の立場になって考えなさい」「相手の痛みを知りなさい」
自分とは違う相手を理解するために、日常で他者に対して行うの理解の深め方です。

自分とは違う見方、感じ方に挑戦することで、新たな気づきや発見があります。
同じことでも違う返答、感覚や思考回路なんだとわかります。

他人を知ろうとすることは、自分自身を高めることに繋がります。

・過去の役作りの経験から得たもの
・日常でも活かせること

についてお話しします。

自分を広げていく

man

一般的に、俳優はまず与えられた脚本を熟読・消化し、その中から自身が演じるべき役柄に対するイメージや演技の基本方針、大まかなアクション・タッチを構想する。必要であると考えれば知識技能語学資格哲学宗教的価値観などを習得して役に見合った知性や技術を磨いたり、または自分なりに各方面への取材を行うなどの情報収集を行って役柄に対する理解を深める。場合によっては、役柄のイメージに適合するように自身の風貌・体形などの外観改造を行うこともある。これを総じて役作りという。

Wikipediaより

自分とは違う人間の分析と理解、そしてその人自身になる努力です。

感性
行動
口調
性格
知識
クセ
嗜好
特技
人生経験
思考回路 etc

Right Caption
役作りしたことありますか?
Left Caption
あります!

小劇場では1ヶ月半〜2ヶ月かけて一つの作品を作るために稽古します。
過去記事:小劇場演劇と

役作りは基本的に、稽古時間以外ですることです。

稽古は演出家が立ち位置や動きを決めたり、お芝居の方向を作り上げていきます。

なぜこの役はこういう言い方をするのか、違う言い方があるのではないかなど個人で日々勉強したり、
相手役と少しずつコミュニケーションを積み重ねたり。

稽古のお昼を一緒に食べたり、稽古終わりにラーメン食べに行ったりします。

方言指導

お芝居の設定で、瀬戸内海にある島の小さな村でした。
島人役は方言を喋らなければいけません。

小劇場では基本的に1ヶ月〜2ヶ月ほどの稽古期間を経て本番に臨みます。

その公演の方言稽古は、通常の稽古期間とは別に、1ヶ月ありました。

演出家自身が方言を喋れたので、みんなスマホなどでお手本を録音しひたすら反復練習しました。

指導用に用意されたテキストや短い台本を使って、イントネーションをひたすら耳に身体に染み込ませます。

出身が同じor似てる方言であれば、お芝居に集中することができ有利です。

身体づくり

excise

こりゃもう鉄板ですよね。

常日頃から心がけていることは『健康』ですが、ここでは役についてなのでまた別の機会に。

ダンスが得意ならダンス挑戦する
ダンサーっぽい格好をするようになる

ダイエットしました。

戦争時代の従軍慰安婦役だったので、ガリガリであること間違いありません。

衣装に、目標達成したら履けるサイズのズボンを用意して、人生で初めてダイエットをしました。

1日1000kcal以内の食事に、本番に近づく連れて増える稽古量で自然と痩せていきました。

【165cm/49kg】結果は成功!!

ですがフラフラ過ぎて細過ぎてちょっとやりすぎでしたね。

タバコ

実際の公演では火災法などでやりませんでしたが、ヘビースモーカーの役でした。

セリフ「今日も元気だ、タバコがうまい!」

タバコを吸ったことがない私は、全く理解ができない言葉でした。人生で初めて喫煙してみました。

『温泉に浸かって、あったまったときの気持ち』と似てるのかもしれません。
でも、行動が確実に違います。

【メリット】
・喫煙者の気持ちがわかる

【デメリット】
・お金がかかる
・健康を損なう
・ニコチン切れでイライラする
・喫煙による健康被害を被る

今は全吸いません。

信頼関係を作る

恋人同士、上司と部下の関係etc

その関係性がホンモノになるよう努力をします。

お芝居で、仲良しの上司と部下役でした。
私が上司で、同期(男、年上)は部下役です。

設定では、なんでも話せるくらい仲の良い、付き合いも長い間柄です。

私と部下役の同期の子で一緒にスーパー銭湯に行きました!

いやいやいや、一緒に入れないじゃんw

はい。正しくは、岩盤浴を一緒にしました!
(一言でまとめれば、ただ隣に寝てるだけ…)

同性の友達とも、彼氏とも行ったことない岩盤浴。

行く道中含め、仲が深まり大いにお芝居に活きました!

ホンモノにかなうものはない

friend

・自分の視野や可能性を広げることができた
・コミュニケーションが円滑になった

テレビドラマや映画と違って、舞台は撮り直しが利かず、失敗ができません。

だからこそ、共演者といかに協力し乗り越える『信頼関係を築けるか』にかかります。

仲良しの設定でも、実際の俳優同士の仲が良くはない時って見ててわかったりします。

おすすめしない商品を、おすすめするのと同じです。

説得力や言葉の重さが違えば、伝わる気持ちも違います。