コミュニケーションで私が大切にしてる③ステップ

「人と話すのが苦手」「コミュ障」「人見知り」

自分で自分の可能性を狭めておきながら、友達や恋人も欲しいんですよね?

なんて甘ったれたことを言ってるんですか?
(いらないよって人はすみません)

・人が好き
・違うことが良い
・人生に飽きることはないと思った
→私がコミュニケーションで大切にしてることを記事にしました。

①自分の可能性を否定しない
②自己肯定感をあげる
③人と話して自分を見つめる

3ステップで説明します。
自分が自分でいられることに誇りを、自分しかない感性を大切にしてください。

①自分の可能性を否定しない

crazy

「人見知りです」卒業する!

「うんともすんとも言えない」訳ではないですよね?
じゃあ人見知りではないです。

わたしは小さい頃から、自分の思ったことを言えない、人見知りでした。

どう思われるのか気にして、何度も何度も頭の中で予行練習するけど…恥ずかしくて言わないなんてザラでした。

1000人いたら1000通りの考え方があるように、答えのない『どう思われるか』をずっと気にしてました。

1000人によく思われたい気持ちはわかります。
が、それは八方美人ならぬ1000方美人じゃないですか。

他人から見たらあなたも1000通りのうちの1人です。

②自己肯定感をあげましょう

fun

みんな違ってみんないいんです!

同じ人はいないと思ってます!

一卵性の双子でさえ全く同じではないですよね?

同じであることに重要性を見出す教育を受けてきましたが、人って違うんです。

違うから良いんです!

性格
感性
思考
嗜好
価値観
人生観など

違うからクリエイティブなものが生まれる

バンドでも野球チームでも得意なポジションやジャンルがあります。

そして、他人と比べる必要性は0です。
比べるのは過去の自分です。

小さい頃「よそのお家は〜」「〇〇君は△なのに」マジ良くない言葉ですね。
他人と比べても環境も、生まれ持ってる能力も違うので当たり前です。

過去の自分と比べて、できるようになった。エライ
できないけど、考えられるようになった。エライ
今度は、〇〇してみよう。エライ

③人と話すのが好きになる

アウトプットこそインプットです。

同じ内容を人に話しても、響くところも反応も違います。

初めましての人と会う活動をちょこちょこ始めました。

・自己紹介
・そんな人生を歩んできたか
・何を大切にしてるか
・人生の目標ややりたいこと

大体同じ内容について言います。
同じ展開になったことは一度もありません。

なぜ?という質問も、相手の感想も違う。
だからこそ学びになるし、「その発想はなかった」価値観や視野が広がります。

毎日、自分では気がつかなくても変化をしてます。

そのちょっとした変化に気がつけることも、他人と話せてこそです。

コミュニケーションというもの

言葉のキャッチボールではなく…『人と人の間にあるもの』です!

言葉で口で言語を使って意思疎通を図ろうとします。
わたしは言葉を、情報としてしか聞いてないことに気がつきました。

・目の奥に見えるもの
・何をどう感じたから想ったのか
・言葉の温度や色形
・肌の感覚
・呼吸や息遣いなど

感情にフォーカスしてコミュニケーションを図ってました。

これは人とお話しして初めて気がつけました。

なんなら、同じ演劇をやってない人と話せたからだと思います。

人と話すことで自分を見つめられる
楽しい時間を過ごせる
新しい発見がある

自分が自分でいられることを大切に。
自分ができないことはすごいこと。あなたにもすごいことはあります。
人と関わることで自分を見つけられる、素敵な学びになります。

人生が豊かになりますように*