目は使うものです【アイコンタクト】

人と話すとき、接するときに目を合わせますか?「目を合わせることが苦手…」

生きていく上で絶対的な必要はありませんが、目を合わせられた方が損しないです!

人は情報を得るとき、視覚が80%です。

本を読んで知識を得る
映画を見て擬似体験する
料理を見て食欲がそそられる
青空を見ると気分が良くなる
緑色を見るとリラックスできる
人の行動や表情で相手を判断しようとするetc

目で見たもの、捉えたことからつながってます。

「目が合わないこと」から間違った判断をされてしまうことを減らして、コミュニケーションがより楽しく、円滑になりますよ。

目を見て話さないで損したこと

eyes

自信がなかったからです!

今でこそ、人と目を合わせることが好き(おかしい?)ですが、小さい頃からあまり目を合わせることができませんでした。
人に何か言われて傷つくことが怖かったからです。

で!面白いことに…

自分が人に対する視線は逆に、冷たいものになってたんです!

攻撃的な印象を与えていたので、快く思われることはありません。
「クールだよね」とずっと言われてきました。

無意識に人を遠ざけちゃってたんです。

「ねぇねぇ、見てて!」

小さい頃に見守ってもらった経験ありますか?
あたたかい視線が安心しませんでしたか?

大好きなペットやテレビの動物番組。
好きな俳優さんが出るドラマを見て、

「かわいいなぁ」「かっこいい!」

うっとり目が笑いませんか?

あなたは普段、どんな目で何を見てますか?

発信と受信を同時にしてる

enjoywithfriends

相手とお話しをしているとき、自分の想いを言葉で伝えながらも、

・相手がどう受け取っているのか
・何を思っているのか

相手の目、目線、表情、仕草から感じとって判断してます。

会話の最中に、相手の興味のある反応や引っかかる単語フレーズを目で察知して、そこから話題を切り出す、広げることもできるんです!

Right Caption
難しそうじゃない?

漢字が多いからそう思いました?

「つまんなそう」なら話題を変える
「楽しそう」なら話題を掘り下げる

な〜んだ!簡単じゃん!

でしょでしょ〜?

そうやって、私たちは視覚に頼って判断してます。

目を合わせたとき3パターン

・右目を見ている
・左目を見ている
・両目を見ている

人によってクセがあります。
私は相手の左目を見ますが、自分が発信するときは右利きのせいか、右目が前に出ます。

両目を見る人は、右と左をチラチラ交互に見てます。

『目が合わせられないので、眉間や鼻を見てる』

これも目が合ってると感じます。

これも…

目が合ってても「どこ見てるの?」と思うときがあります!

この現象はお芝居であるあるですが、感情だけ発信する人です。
日常だと、まさに怒ってるとき。
目が合ってても、何をしたいかわからないんです。

「私は JustinBieber が好きなんですけど、コンサートに行った時にファンになったんです!」

・世界のJustin見たさのミーハーな気持ちで行った→とっても感動した
・エキサイトな経験で、自分の心がどう動いたか、彼の魅力を伝えたい
・私が英会話を勉強し始めるキッカケになったこと

この一言に、これだけの情報が詰め込まれてて、それを目でも伝えてます。

目の奥にある魂?

お芝居で意識的に目を合わせることをやってきました。

温度・熱量
感情・色
視野

目の奥にメラメラ燃えるものを感じる。

パッと見はいつもと変わらないけど、目の裏側にある抑えた想い

物理的な視野ではなく、相手を見る視野の広さです。

私が尊敬する方々、憧れる先輩は、視野の限界がないです。
温度も触れた瞬間に、心地良く感じるような、あたたかさを持ってます。
そんな方々は、「絶対に目が合わない」ことはないです。

損しないにためにどうすればいいか

okay

良くない印象を与えてしまう行動を減らせばオッケーです。

・同じ目線に立つこと
・壁を作らないこと

Right Caption
相手の言うことを全部聞いたら疲れちゃう

『コミュ障』と自覚してる人に多いです。
素晴らしい真面目さを持ってるんです!

でも、

聞き入れ受け入れるだけで、自分に落とし込む必要はないです!

自分とは違う人間なので、違って当たり前。
全部、自分のことのように合わせようとして疲れちゃうんです。

相手の主張を尊重すること=自分自身も尊重する

見下したり、思い込みで決めつけたりすると壁ができちゃいます。

そんな時こそ、「逆のところを見つける」

目を合わせることで、感情や想いを伝えることができる

目線で良くない印象を減らす

目で判断した思い込みに惑わされない

相手にどう思われるか、気にしない!相手を素直に認められること。
自己肯定感を持つことが大事です。

合わせて読みたい 

目にも温度があるように、「黄色い歓声」言葉にも色や温度があります。
過去記事:言葉にも温度があります

自己肯定感が上がったら人を愛せるようになりました。
過去記事:こんな私でも人を愛せるようになりました。