ウーバーイーツ

スポーツ自転車初心者はコレ!三ヶ島ペダル

クロスバイクやロードバイクなど自転車好きには重要なペダル。
「効率良く楽に速く走りたい」とペダリング(効率良く回すテクニック)を上達させても、肝心のペダルが力を伝導しないと意味がありません。

私自身がもっと早く知っておけば良かった!と思ったペダルと感想、メリットデメリットについてご紹介します。

 

えり(@errnzabesu2)使用クロスバイク
Cannondale Quick 4(2016)
1日の走行距離 〜50キロ

 

初心者が迷ったら三ヶ島ペダル一択

pedal

三ヶ島ペダルアイシーライト [IC-LITE]

・リフレクター(反射板)付き
・アルミ製品
・重さ365g

三ヶ島製作所HP 商品詳細

 

プラスチックペダルと比べて、漕ぎ心地がまるで違います。

プラスチックは「なんかついてるやつ」とするなら、三ヶ島ペダルは「エネルギー伝達器」です。
走るのに、オシャレスニーカーとスポーツシューズくらい、水泳選手の水着のように性能が違います。

初めてクロスバイクに乗った時と同じくらい、違う感覚に驚嘆しました。

 

使用感想

力の伝導率が驚くほど違います。

プラスチック製品の時は『押す』といった力技でしたが、こちらは踏み込んだ力が川の流れのように伝わっていくのを感じます。
計算された技術の恩恵を受けているようです。

 

例えるなら、踏み込む力を100とした時の伝わる力:プラスチック→60でかなり体力を浪費しますが、三ヶ島アルミペダル:90〜95くらいです。
(二種類しか経験していない私の例えです)

ペダル自体もよく回転するので、どの位置・足の角度であってもフィットします。踏み込みと引き戻しの2箇所で安定して力が入れられます。

 

メリット

安い(Amazonで購入した時は約2000円)

国産製品で安心

アルミ製品で丈夫

ペダル自体の回転が良い

力の伝導率が良い(優れた技術製品)

 

デメリット

コンクリや金属にキズができる(硬い)

足にアザが絶えない

 

コスパ最強の三ヶ島ペダル

交換に必要な工具込みでも、約3000円で日々の漕ぐ推進力が圧倒的に違うペダル。毎日それなりに乗る方なら、自転車購入時にペダルも交換することをお勧めします。

ただ、足にペダルをぶつけたり引っ掛けたりすると、硬いので悶絶しアザになるのでドジな人は注意です。

 

スポーツ自転車で負担を減らし速く走れるには…

・サドルの高さ調整
・チェーンのお手入れ
・タイヤの種類や空気圧

初心者でもできるチェック事項です。

 

 

ペダル交換は、ブレーキシュー交換やチェーン掃除と比べて簡単に自分でできます。

 

ペダル交換に必要な道具

MKS(三ヶ島) ペダル 日本製 アイシーライト [IC-LITE] 左右セットAmazonで購入

BIKE HAND(バイクハンド)ペダルレンチ
太い六角レンチかペダルレンチが必要です。(100均製品でも使用できた方と固くてレンチが曲がった方の両者いるようです。)

Amazonで購入

AZ(エーゼット) MGR-003 自転車用 グリス
隙間に埃やゴミが入らないようにするために使います。

Amazonで購入

 

ABOUT ME
eri
月20本前後の映画(DVD)を観ています。 つかこうへい・山田洋次監督・岩井俊二監督作品が好き。