【ネタバレなし映画レビュー】今より先を走る20年前の作品「PiCNiC」岩井俊二監督

2019年5月30日

「正しさ」の概念を訴える

思わず2回観ました。2回観て良さに気がつけた。



公開 *1996年 68分
監督・脚本 *岩井俊二
キャスト*Chara *浅野忠信 *橋爪浩一 ほか


精神病院に送られた主人公ココ(Chara)が、心の病を抱えたツムジ(浅野)とサトル(橋爪)と塀の上を歩き探検に出る。
その先でもらった聖書から、3人で世界の終わりを見に行く話。

先入観でこの作品を観ると損する

「精神病院」「患者」「心の病」何をイメージしますか?

…自分と違う思考、理解しづらい行動。みんなと違う。


暴力的であったり、奇声をあげたりしたら当然、驚きます。
でも私たちより純粋な、理由があるはずです。
赤ちゃんや子供は近寄るのに、大人だと遠ざかる。なぜ?

3人の視点から見る世界を感じられる。

そんな自分の視野が狭く、そんな自分が正しいと思う思考こそ驕っている、浅はかさに気がつかせてくれます。

他にも、それぞれが思い感じながら観られる要素がたくさん。

岩井俊二監督作品の中でも、一般受けはしないだろう濃い作品。ネタバレや知識が入っても観れるコアな作品。

観てよかった度 2.5/3

DVDで観るしかないみたい。【PiCNiC

監督作品の見やすい作品

Love Letter】 出演 *中山美穂 *豊川悦二 ほか
手紙を通して学生時代の恋愛を遡る。とても見やすい。

花とアリス】 出演 *鈴木杏 *蒼井優 ほか
女子高校生の青春物語(岩井俊二編)

花とアリス殺人事件】 出演 *鈴木杏 *蒼井優 ほか
アニメーション作品。「花とアリス」以前の2人の出会い話等。

リップヴァンウィンクルの花嫁】 出演 *黒木華 *Cocco ほか 
監督のやりたいこと×見やすさの狭間作品。心揺さぶられ続ける3時間。

あなたの感想やご意見あったらコメントしてください*