小劇場演劇の公演ができるまで。

舞台観たことありますか?「ライオンキング?」「宝塚?」
それは歌がある『ミュージカル』です。

私は小劇場演劇の『お芝居』をやってます。
過去記事:小劇場とは?

セリフを覚えて、動いて、どうやって作ってるんだろう?

今日は過去出演したりお手伝いした作品をもとに、演劇作品ができるまでを記事にしました。

0 企画構想・劇場の予約

theater

演出家と制作で企画構想、今回使える予算などに合った劇場を予約します。

【キャストオーディション】

オファー
全キャストをオーディション
主要メンバーは演出家の作品に常連の俳優

どのくらいのお客さんを呼べるのか、宣伝効果などもキャストに選ばれる理由になります。

【顔合わせ】

初めましてで顔を合わせます。

配役が決まっていたら、さっそく台本が配られ本読みをします。いわゆる「音読」です。

【ビジュアル撮影】

チラシやパンフレットを制作するにあたって、カメラマンによる撮影があります。
(パンフレットを作らない団体もあるので、ないこともあります。)

稽古(1〜2ヶ月)

読み稽古

立ち稽古

通し

見せる通し

衣装つき通し

集中稽古

だいたい1〜2ヶ月の期間稽古します。
台本は家で、稽古に入る前に覚えるものです。

細かくシーンを区切りながら、文字を立体化していきます。

最初が一番時間がかかる大変な作業ですが、一番大切です。
ダンスでいうなら『振り入れ』ですかね。

最近はドラマやアニメのOPと同じく、ダンスを踊るところも増えてきました。
ダンス稽古もあったりします。

台本を手から離して、お芝居にフォーカスして稽古を重ねます。
歩数・呼吸・ミリ単位の間まで細かくこだわっていきます。

【あら通し】

完璧ではないものの、流れをみたいなど通します

シーンごとの稽古、シーンの繋ぎなど稽古を重ねます

【小道具の作成】

劇中で身につける道具など、みんなで手分けして作ったり、日用品なら家から持ち寄ったりします。
例:実際のハンマーは危ない為、段ボールなどで作る

【衣装合わせ】

役に合った洋服や髪型など演出家のチェックを受けます。
基本的には持ってるもので、役者同士で貸し借りをします。
小劇場で衣装さんがつくことは滅多にありません。

【衣装通し】

場面転換で早着替えするなど、お芝居以外の実際の動きを想定して通しをします。

照明や音響、舞台監督の前でも通しをします。

いよいよ本番1週間前。

1日ずっと稽古。ひたすら稽古。集中稽古に入ります!

小屋入り

room

劇場(=小屋)に入ります!

0からのスペースを自分たちで組み立てます。

男性陣:舞台の仕込み
女性陣:楽屋作り、受付周りの準備をします

【場当たり】

主にスタッフさんのための確認作業です。
稽古場でやっていた立ち位置、動く導線の確認をします。

【ゲネプロ】

衣装を着て、本番と何一つ変わらずに行います。

【本番】

マチネ・ソワレといってお昼と夜の2回公演です。
受付も、過去公演の出演者や関係者のバイトが多いです。
単発一回限りの公演〜1週間、一ヶ月までいろいろです。

【バラシ】

仕込みで作ったセットを片付けて元あった状態に戻します。

家に帰るまでが公演

【打ち上げ】

バラシた後、近くの居酒屋を予約して行われます。
ここで会うのが最後、という方もいるかもしれません。

【精算会】

ギャラは出ないので、基本的にチケットバック制度です。
チケット1枚二つき500円バック、ノルマ20枚なんてのはよくあります。

【荷下ろし】

公演で使用した小道具や衣装を借りていたら、返しにいきます。劇団であれば、自分の稽古場にしまう作業です。

終わり〜!

・集客
・宣伝
・用意(衣装・道具)
・片付け

ほぼ全て、自分たちでやります。

Right Caption
文化祭みたい…

まさにその通り!ある種、自己満足の世界です。

この2ヶ月の何百時間が、だいたい90分の作品に集約されてます。

スポンサーもあるところが少ないです。
が、その分テレビにはできない表現の自由があります。

お芝居のジャンルも時代劇、日常劇、コメディなどたくさんあります。
目の前で起こる臨場感しかないお芝居。
非現実の特別なひと時を過ごせると思います。

ぜひ一度は見てみてください。

一例なので、全ての公演に当てはまるわけではありません。

合わせて読みたい

過去記事:年代別!観劇がオススメな理由

過去記事:差し入れっているの?

参考サイト:舞台・演劇用語シアターリーグ
http://www.moon-light.ne.jp/termi-nology/