一発で分かる!舞台公演の案内の見方【画像付き解説】

知り合いから舞台に誘われた!好きな俳優を生で観たい!

ーどこでどういうものをやるんだろう??

チラシや詳細を見ても、いまいちピンと来ない…調べるのも面倒だし聞くのも申し訳ない…
なんて思ったことありませんか?

もったいない!!

Right Caption
どうやって見て、どう申し込めばいいの?
Left Caption
舞台女優のえり(@errnzabesu2)が出るホンモノの情報を例に解説します。
 
 

見方がわからない人
舞台を初めて見る人

見方を知ることで良い作品と出会える、地図の見方を知らないと歩けないのも同じ!
これを観れば、大抵の公演のチラシや情報にも困ることナシです!

画像で案内をわかりやすく解説

syousai

公演期間

団体や規模によって、1日のみ〜数週間、1ヶ月以上など様々です。
公演期間が長くなると期間中に休演日があるので、忘れずにチェックしましょう。

劇場の名前

東京ドームのような何万人入る大きな施設から、何十人の小さな劇場まで名前がついてます。
ネット検索でウェブサイトがある劇場もあります。

チケット代金

小劇場演劇のほとんどは、当日に受付で現金支払いが主流です。
価格や割引制度も団体ごとで違います。
当日券は+500円/学生割引・25歳以下の割引 は多くみられます。

指定席の場合、記載があります。何も書かれていなければ自由席です。
(ちなみに、3500円は東京では安い方です。)

公演日時

1回ごと別の内容ではなく、『同じ作品を公演期間、毎日やる』という意味です。

書かれている時刻は「開演」=公演がスタートする時刻です。
行きたいと思ったらこの時刻には席に着いてなければいけません。

「開場」=客席に座れる・劇場が開く時間です。
自由席の場合は、自分の好きな席で観たいという人で列ができます。

満席予定で開演ギリギリに行くと、余ってる席に座ることになります。
お手洗いを済ませておきたいためにも、余裕を持って行きましょう。

開演時刻に遅れても途中入場できるところもあります。

※ダブルキャスト

作品一役につき、二人の俳優がやることです。2班できるので、をAやBと区別して表記します。
私は今回「B班」のみの出演なので、この場合はBだけ見ます。

上演時間

必ずしも載っているとは限らず、だいたい90〜120分(途中休憩なし)が多いです。
それ以上の場合は、途中休憩があるのでご確認を。

劇場の住所・最寄駅

街中の意外なところにあります。マンションの地下、倉庫、雑居ビルの◯階など…
事前に調べておくことをお勧めします。

チケット予約申し込みページ

チケットは基本的に前売りの予約制です。
出演者からお誘いをもらった場合、本人に直接伝えても予約できます。
チケット予約サイトからの申し込みは、メールアドレスなどを入力しなければいけません。

どの日に行くか迷ったら

「初日」「千秋楽」という言葉を聞いたことありますか?

舞台公演が最初の日(回)と、最後の日(回)です。

舞台はナマモノなので毎公演同じものにはならないし、演出家の指示があればお芝居が変わります。
何度も見て違いを見つけたり作品を楽しむ『全通』全部通う方もいます。

初日と千秋楽のチケットは人気なので、早めに予約することをお勧めします。
キャンセル料は発生しないので、むしろ予約しておいた方がいいです。

※事前精算してる場合は、主催者都合でない限りは払い戻しができないのでご注意を。

さあ舞台を観に行こう

play

・好きな人や知り合いを肉眼でマジマジと見られる
・日常の疲れが癒され過去のトラウマが浄化される
・映画やテレビにはない人間の良さを堪能できる
・疑似体験ができて新しい経験になる
・心の声に気づき自己理解が深まる

これらは私が9年前から今まで、色々な舞台を観て感じたことです。

小学生の時にやった学芸発表会のお芝居とは、やはり違います。
体育館で見た、児童向けの「演劇」も趣向が違います。

大人が大人に向けた作品。笑って泣いたり、人が持ってる心やオリジナリティをとても大切にしています。

・人生で一度も見たことがない人
・何か新しい体験や変わりたい人
・非現実の疑似体験を味わいたい人
・笑ったり泣いたりストレス解消したい人

私自身が演劇を知って性格が明るく、人生が変わりました!
長い人生のうち90分で新しい世界を経験し、自分自身を変えて見ませんか?

ちょうど2週間後に舞台に出るので、行くなら今がチャンス!

そんな私が出演する公演はここから申し込めます→コチラ
ツイッターからでも大丈夫ですよ。

検索上位に出た! 「舞台公演の差し入れ定番〜おすすめ解説」

初めてでも大丈夫!「観劇のいろは」