目に見えない大切な宝物と”なった”瞬間の秘話

自分の気持ちに嘘つかなくていいよ。無理して隠さなくてもいいよ。

人の感情にこんなにバリエーションがあって、誰もが持っているもの。宝物です。

ドラマや映画、舞台のお芝居って実際どうなの?何が起こってるの?日常の瞬間を切り取ったもの!

演技の方法は人それぞれですが、ホンモノの感情がもたらすものと奇跡の瞬間を公開します。

ただセリフを言うだけじゃない

ホンモノじゃないと起こらないです。

YouTubeが人気なのは、実際に体験してるようなことを見るだけで疑似体験できるからです。
ドラマや映画でも、主人公やヒロインに感情移入して見ちゃいますよね。

実際にやっている側は、目の前の相手が自分にとって本当の存在であること。=お芝居という舞台のウソ

「悲しくなろう、怒ろう、イライラしよう!」そんなこと思いませんよね。それは感情を作ろうとしてるだけ。

思い浮かべてください。

目の前に好きな相手がいたら、緊張しませんか?
家族といるときはどんな状態ですか?
上司やお仕事先の人と一緒の席では何を考えていますか?

その瞬間に思ってること、感じてる状態をそのまま表現します。

同じセリフでも相手が変われば変わる

yakiniku

相手やシチュエーションが違うと、自分の気持ちも変わってきます。

友達とご飯を食べに行って話す内容。
同じ話題になっても、話す相手が違うと内容も違ったものになりませんか?

ただ言う言葉が決まっているだけで、無意識でやっていることを意識的に立体化する、ホンモノにしていく作業です。

舞台は撮り直しができない、失敗できないナマモノです。
本番のために何倍もの時間をかけた練習をします。
稽古中はなんでも試す場、予想外のことも起こります。
この積み重ねや失敗があってこそどんどん突き詰めていけます。

ブログやツイッター運用などと同じで、同じシーンを何度もコツコツ、うまくいかなかったら原因を探り考え積み重ねる。

面白いポイント

1回の本番は何倍もの稽古で得られない刺激でいっぱい。劇的に成長させてくれます。

タイミングや動きが演出家によって決まっていたり、自分達で創り上げたりします。

怒り合っているシーンだとしても作品として完成させるために、(設定では)大嫌いな相手に集中して、目を合わせて、呼吸を感じ、張り詰めた糸のような繊細な感情の綱引きを緊張感のある中で行います。戦場さながら必死です。

イラッとしたらこっちのもの。ヘッお返し!むむ、ムカついた〜嬉しい!快感!(だと思うのは私だけ…?)

失敗できない、計算された化学反応みたいなんです。

人生経験にないことが生まれる

eri

ホンモノなので自分の人生で経験してきたことがモノを言います。
が、ホンモノをやっているからこそ、その場で起こったドラマ体験することもあります。
過去、衝撃で印象に残っていることを公開します。

・演出の人とお芝居をしてる感覚になった

原作台本・演出家の人が同じ舞台に出演した時の話です。

演出も人によってスタイルは多種多様ですが、呼吸や一歩動くこと、セリフのトーンなど、頭の中で生きているイメージを再現するようなお芝居でした。

台本はありますが、演出の方の指導と言っても過言ではありません。ある回の本番のワンシーン。

相手役から間接的に告白されるシーンでした。

(えっ?)

目の前の相手役の人に言われた告白が、演出家に言われたかのように声も・感情も聞こえたんです。

次は主人公になったつもりで一緒に想像してみてください。

・気持ちを共有した 気持ちが一つになった

「あなたはかけがえのない人なんです」と言われた、忘れられない人がいました。けれど好きでもあったもう一人の人と20年一緒に過ごしていました。それなりに幸せです。

ある日とつぜん、あの人が二人の前に現れました。

「! … 」

この時のセリフがない瞬間、事前に口裏も合わせず背中を向けたままだったんです。顔も何もわからない。
相手と同じ気持ちを共有したかのような感覚をビビッと確信的に感じたんです。

なんできちゃったの?って。二人の別れを意味するきちゃったの。

疑似体験を通して心豊かになる

feelsomething

・感情の種類やバリエーション
・心のカタチや色、弾力
・今までに感じたことのない感覚
・気づかなかった感情が心の奥から湧き出てくる
・感情のうねり

YouTubeや映画は日常にない疑似体験ができて人生を豊かにしてくれるものと書きましたが、演劇も同じで、しかも目の前で生で繰り広げられます。

観に行った時も、同じ作品でもその時の自分が違えば感じ方も違います。
あの時は切なくて今回は何も感じない、なんてこともあります。

映画や演劇は人生の疑似体験ができ喜怒哀楽する、私たちが持ってる感情を広げて豊かにするものだと思っています。

人がいて初めてできることです。

私はそんな目に見えない大切なものに気づいてもらいたくて、日々ツイッター(@errnzabesu2)でも発信をしています。
舞台に舞い戻れたとき、発信してきたことを身をもって証明します。私の姿を見にきてもらえるよう積み重ねています。

合わせて読みたい

過去記事:演劇とはなんぞや。

過去記事:映画を見て人生が変わるとは。

あなたの人生が豊かになりますように*