私の信念になっている言葉が持つパワー

元気、健康、明るい、前向き…とても良い言葉ですよね。

皆さんは心に大切にしている言葉や信念ってありますか?

愛とは、安らぎのことではありません。何ものにも負けぬ強い志のことです。
恋とは、優しさのことではありません。ともに天を頂かんとする強い意志のことです。
そして幸せとは、その腕で勝ち取るものなのです。

5年前までの私は、やりたいことに向かう気持ちだけで突っ走ってました。
喜怒哀楽激しく、自分をコントロールできてませんでした。

お芝居に出会い、毎日の稽古を通して自分と向き合うことで、自分をコントロールできるようになり、変わることができました。
今の状態の自分を知り、受け入れ、自分の中から変えたのです。

セリフという言葉と向き合って、自分の吐く言葉から内面が変わった。

言葉の持つパワー
言葉の裏に隠された想い が大事なのです。

言葉から変わること

friends

言葉に人間性が現れます。
だから私は、嘘のない範囲で前向きな言葉を使うようにしてます。

私が過去、朝食ひっくり返したことがあります。
この時に思ったことを比べると、まるで違う印象を受けます。

「おかげで掃除ができるいいキッカケと、良い教訓になったわ〜」
「サイアク。超最悪。せっかく、もったいない、うわ、きつい」

若干盛っても、本当は思ったとしても、口に出すなら前向きな方が100倍良いです。

過去の私は感じの悪い人

何かにつけて人を批判、自分を正当化してました。
完璧主義もあり、人の意見を受け入れられない頑固オヤジさながらの堅苦しい人間でした。

口を開けば否定や批判。
口も悪い。顔の表情もあまり変わらず、口は横に開く、広角は下がってばかり。
そんな人と友達になりたいなんて思いませんよね。

当時の自分は、人を貶めようとか根っからの悪気があって言ってたわけじゃないんです。
正しく生きたいとか常識が大切だとか、判断基準があいまいな、周りの価値観でした。

Right Caption
じゃあなんで気がついたの?

プロの俳優になるために勉強した『演技』のレッスンは、実はコミュニケーションだったことです!

変われたのは言葉を言おうとする気持ち

heart

言葉と想いは必ずしも一致しません。

「押すなよ。絶対に押すなよ!いいか、押すんじゃねーぞ!」
言葉の持つ意味と気持ちが真逆のこともあります。

だからこそ、想いと言葉が一致した時の言葉は魅力的です。

いつも心に太陽をもって、 みなさんは生きていくのです。 愛することを恐れてはいけません。 人をいとおしく思う気持ちに怯えてはなりません。

強いですよ、女は。どんなにつらくても、生きていこうと言う生命力はありますから。

やってらんねぇよ。

しかし私も、男の嫉妬というものにはほとほと参りました。
女が相手となりゃあ、普段憎み合ってた男どもが一致団結して女を潰しにかかります。
でも、負けませんけどね、私は。

文字だけで見たら強くて、誰に何の感情で言ってるのか、わからないセリフです。

どんな気持ちで
相手に何を思ってもらいたくて
自分の中に大切にしていること
目的を達成するために

このセリフを言えるようになるために、何百時間もかけて愛と思いやりでいっぱいにするのです。
気持ちの他にも、大切なことがたくさんあります。

相手と向き合うことで自分を見つめ直す。
毎日の日常会話より、話す回数が多いセリフ。そして意識する。

口から否定が減り、前向きな言葉の持つパワーに助けられ変わって行きました。

変わりたければ自分の中から見つけること

me

新しいことを初めて変われたときって、自分と向き合った時です。
スポーツなど身体的なもの、勉強などは違いますが。

つい新しいものを手にしがちです。
肝心な自分自身が変わらなければ意味がありません。

受け入れることと、変われることに共通していたのは

・相手を受け入れる ような自分の器量
・相手のために生きる 自分の信念が大事

嫌なことを言う自分自身が嫌いでした。
嫌いな自分と向き合うなんて苦しい作業ですが、受け入れて乗り越えた時、変われました!

そして、自分を支えてくれる大切な言葉になりました!