日常と演劇

言葉遣いから変わる。なんとなく喋らない「ことばの断捨離」

words

普段どんな言葉を使っていますか?

「今日の暑さマジでヤバい」

どこがどんな風にヤバいと感じたのか表現できますか?
その抽象的すぎる表現こそ、ヤバいと思います。

言葉遣いを変えたい人
重みのある言葉を言いたい人

パワーがある、元気、かわいい、芯がある、ブレないねなどど言ってもらうことが多いです。

言葉に載る情の量が、変わった
重みのある一言を言えるようになってきた
セミナーでの知識や実体験をまとめました。

断捨離と量

books

変わるために必要なのは量です。

感じたことを何でもかんでも口に出すことではありません。
それこそ、言葉が軽くなってしまいます。

劇団での2年間、同じ台本に向き合いました。
2年間、同じセリフばかり口にしていました。
自分と相手、言葉と行間に向き合いました。

Right Caption
軽くならない量の吐き方は何?

【断】言葉と向き合うこと


言葉の意義、真意を探ること。

「マジで」
真剣に、真摯に、全くもって、実に、本気で、心を込めて、手加減せずに、真面目にetc

「ヤバい」
ひどい、凄まじい、並外れた、尋常じゃない、桁外れの、壮大なetc

Left Caption
今、自分はどんな気持ちでその言葉を言うんだろう?

コチラの記事で詳しく説明してます。
→過去記事:感性を豊かにする「言語化」

「いいですね!」
「素敵ですね!」

言葉の持つ響きや色が違います。

語彙力をつけて適切な表現や、自分が言いたい表現を見つけましょう。

【捨】余計な言葉を言わない

沈黙が7秒(うろ覚え)続くと人は不思議に感じるそうです。

私たちは少しでも間が空かないように、気になって埋めちゃいませんか?

あ〜、あの
まぁ
えー、えっと
なんか
すいません

私は、「すごい」「まっ、」つい言っちゃいます。
もうクセです。

接頭語に使うので、自分の言いやすいペースやテンポになってしまいがちです。
言わないよう意識する!

沈黙はおかしくありません。

【離】手持ちで量を積み重ねる

演劇の台本のセリフって、ある種完成されてるもの。
足しても引いてもいけなかったりします。

どんな想いで
相手に何を伝えたいのか
相手にどう動いてもらいたいのか

「おはよう」なんとなくでも言えます。

「おはよっ!」元気付けたくて、明るく声をかける
「おはよう。」悲しいけど、悟られないように笑顔で言う

一言、一呼吸を大切に言葉を吐きます。

トライアンドエラーで、積み重ねが大事です。

自分と向き合うこと

baby

今、自分がどんな喋り方をしているのか把握すること。

劇団でお芝居を学んだ2年間は、過激で強い言葉ばかりと向き合っていました。

365日×2年間。
・どんな想いで言うのか
・相手にどうなって欲しくて言うのか
・どうやって想いを乗せるのか、伝えられるのか

家でも歩いてる時でもブツブツ呟いてました。

「バカヤロー」「負けませんけどね、私は。」
「好きです。」「ふざけるな!」

こんな過激な言葉を、上回る愛や情で埋めました。
ただの批判、否定する言葉だったら使わないからです。

自然と、日常に使う言葉の一つにも感情や意思が乗るようになりました。

デメリットは、女性らしくはなれなかったことです(笑)

言葉遣いの断捨離

把握→余計なもの捨てる→残った質で量を生産する

+語彙力つける
+感情をのせる

ツイッターや日記などには、「あ〜」など書きませんよね。
できます!
そして自分自身をも洗練させて行きましょう!

そんな事を言う人の喋り→【YouTube】


ABOUT ME
eri
月20本前後の映画(DVD)を観ています。 つかこうへい・山田洋次監督・岩井俊二監督作品が好き。